2種類のニキビ

美容の際に顔にできるものとして悩まされるのがニキビです。
しかしこのニキビは一言でニキビといっても、2種類のタイプに分けられ、思春期ニキビと大人ニキビに分けることができます。

思春期ニキビはその名の通りに思春期にできるものであり、人間は思春期の時期になるとホルモンの分泌量が増えてしまい、それが原因で皮脂の分泌も活発にしてしまいます。
皮脂の分泌が活発になると全てを排出することができなくなってしまうため、排出できずに残ったものがニキビになってしまうのです。
このタイプの場合は額から鼻のTゾーンを始めとした皮脂の分泌が多くなりやすい箇所にできやすくなります。
そのため思春期の人は額にできやすくなるといえるのです。

大人ニキビはその名の通りに成人してできるものであり、こちらの場合は皮脂の分泌が何かしらの理由があって過剰になってしまい、それで排出されきれずに残ってしまうという思春期と似たような理由の他に皮膚が古い角質を排出して新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーの過程に不具合が起こる、直接的に皮脂を分泌するところの穴が詰まってしまうことで起こるものです。
思春期と違い、こちらは様々な箇所、特に顔の部分にできやすくなっています。

このように2種類のニキビはできる時期と原因が異なります。
そのため対処の仕方にも違いがあり、間違えると悪化してしまったり、効果がほとんど出ないことになってしまいます。
では2種類のニキビのそれぞれの対策はどのようにしていけばよいのでしょうか。
種類としてはこの2種類だけですが、段階による色で区分けできる種類も存在します。
こちらの対策はどのようにしていけばよいでしょうか。


≪RECOMMEND SITE≫
思春期ニキビと大人ニキビにも対応しているニキビケア化粧品の通販サイトです ⇒ ニキビケア